【大相撲】<貴乃花親方>新たな相撲団体を設立か…ネットテレビと提携する経営プランも

    0コメント
    1 :匿名 2018/01/08(月) 17:56:39
    7日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ系)で、講談社編集長・藤谷英志氏が、貴乃花親方の独立を断言した。

    番組は「2018年 大予言SP」と題し、スタジオの識者らが、2018年に起こる出来事を予想していた。
    藤谷氏は「断言します」と前置きし、貴乃花親方が独立して「新たな相撲興行団体を起ち上げます」と自信満々に打ち明けたのだ。

    独立して新団体を起こした例として、参議院議員のアントニオ猪木が日本プロレス協会から独立した後に設立した新日本プロレスを挙げる。
    独立後の新日本プロレスには、いろいろなレスラーや人物が合流したが、貴乃花親方が新団体を設立すれば同様のことが起きるだろうというのだ。

    藤谷氏は、新団体の名称も考えてきたと言い「シン・相撲」と発表。「シン」には3つの意味があるのだとか。

    1つは旧態依然とした要素を排除し一新する「新」の意味。

    2つめは、真剣勝負の「真」で、

    3つめは、神事・国技として品格を尊重する「神」の意味を込めている。

    最後に、貴乃花親方には新団体の経営プランを持っているとも予測。ネットテレビと提携し、NHKの「大相撲」と対抗した相撲中継を放送するだろうというのだ。
    さらに、現在のネットテレビは多くの企業がスポンサーを希望するなど勢いがあるので、高額なギャラに魅了されて移籍する力士が現れるかもしれないと力説していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14129357/

    写真
    2 :匿名 2018/01/08(月) 17:57:29
    あるわけねぇだろ。
    328 :匿名 2018/01/08(月) 19:55:13
    >>324
    おそらくモンゴルと対抗戦をするけどな
    4 :匿名 2018/01/08(月) 17:59:19
    部屋の経営も上手くいってないのに
    5 :匿名 2018/01/08(月) 17:59:20
    新団体 ってノリがプロレスだろw
    7 :匿名 2018/01/08(月) 18:00:15
    貴乃花に経営は無理
    71 :匿名 2018/01/08(月) 18:21:54
    >>7

    猪木だって経営は無理だろ

    だからこそ胡散臭い連中が集まって色々面白いことが起こるんじゃん
    85 :匿名 2018/01/08(月) 18:25:22
    >>7
    プロレスもそうだけど
    本人がやるよりサポートするやつが経営してるんだよ
    360 :匿名 2018/01/08(月) 20:13:39
    そこまでする熱量が相撲にないよ
    448 :匿名 2018/01/08(月) 21:55:58
    492 :匿名 2018/01/08(月) 23:06:34
    >>477
    それ育てたの誰か知ってる?
    8 :匿名 2018/01/08(月) 18:00:17
    佐山だな
    ガチ志向
    41 :匿名 2018/01/08(月) 18:12:43
    >>8
    若いころ大スターで極右思想ってのも同じだな
    デブらないところは違うけど
    101 :匿名 2018/01/08(月) 18:29:20
    >>41
    貴乃花が極右だったらモンゴル人を入れないよ
    極右を理解してないの?
    10 :匿名 2018/01/08(月) 18:00:31
    ないない
    両国使えなくなるのに、どうやってやっていくんだよ
    36 :匿名 2018/01/08(月) 18:09:19
    >>10
    蔵前
    105 :匿名 2018/01/08(月) 18:30:59
    >>36
    ポンプ場で相撲とるのか
    11 :匿名 2018/01/08(月) 18:00:38
    パ・リーグってことか。
    12 :匿名 2018/01/08(月) 18:01:13
    旧二子山時代のタニマチに逃げられて
    部屋の経営も上手く出来ないやつが出来るわけ無いだろw
    191 :匿名 2018/01/08(月) 19:03:53
    プオタはこの状況が面白くてしょうがない
    197 :匿名 2018/01/08(月) 19:06:13
    貴乃花が寺尾らを連れて新団体、新日本大相撲設立。
    →貴闘力が格闘家の息子を連れて合流。KYカマカリとして猛威を振るう。
    →グッドシェイプされた力士こそ最強という持論を持つ寺尾が新団体パンクラスモを設立。
    15 :匿名 2018/01/08(月) 18:01:33
    貴だけはガチ
    18 :匿名 2018/01/08(月) 18:02:02
    馬鹿すぎて笑えない
    19 :匿名 2018/01/08(月) 18:02:11
    さっさと出ていって、好き放題やってくれ。
    23 :匿名 2018/01/08(月) 18:03:57
    単純な中高生とか喜んで飛びつくんじゃない?
    25 :匿名 2018/01/08(月) 18:04:45
    貴乃花が現役復活して触れただけで力士が吹っ飛んでいく真剣勝負が見れるのなら見に行くわ
    26 :匿名 2018/01/08(月) 18:05:28
    ネットの連中がこんなマダルッコイ間の相撲にはりついていられるか
    高額に誘われても人気がなくなればギャラダウン耐えられんでしょう
    貴乃花に覚悟があるなら理事選にはでんことだな
    講談社の藤谷とやらも胡散臭い、なんで編集長あたりから出てくるんだ?
    27 :匿名 2018/01/08(月) 18:05:33
    相撲協会の既得の利権を争ってるのに独立したら意味ない
    280 :匿名 2018/01/08(月) 19:35:21
    朝青龍と琴光喜の対戦実績のあるAbemaTVがバックに付いてくれたら実現するかも(´・ω・`)
    30 :匿名 2018/01/08(月) 18:06:39
    もっとエンターテイメント化して相撲をメジャースポーツにしよう
    マワシは廃止でスパッツにする
    取り組み前の無駄な儀式も廃して入場曲をガンガン流す
    32 :匿名 2018/01/08(月) 18:07:33
    相撲は格闘技というより歌舞伎など伝統芸能に近い
    旧態依然としてるから価値があるのであって、
    新団体とか意味ねーよ
    33 :匿名 2018/01/08(月) 18:07:40
    そもそも力士もファンもガチを望んでないのでねぇ・・・
    35 :匿名 2018/01/08(月) 18:08:34
    貴乃花って悪いやつに騙されそうなタイプだよなー 胡散臭い話に乗らないように景子夫人頑張って支えてあげて
    39 :匿名 2018/01/08(月) 18:11:34
    貴乃花の独立を支持する。
    相撲協会の膿が自ら出て行ってくれるなら皆幸せだ。
    40 :匿名 2018/01/08(月) 18:12:29
    Abemaの朝青龍見て触発された人が言いだしたんだろうなぁ…

    ああいうドラマも、結局本流あってこそのもんだと思うけどね
    伝統重んじる中での、それぞれの主張のぶつかり合いだと思いたいね

    相撲同様、こういう変化をつけた戦い方はどうかと思う
    46 :匿名 2018/01/08(月) 18:14:05
    日本相撲協会はオートレース、競輪みたいな公営競技になったほうが良いんじゃね?
    48 :匿名 2018/01/08(月) 18:14:59
    公益財団法人だから非課税でがっぽりウハウハ。

    株式、一般財団でわ勝ち目無い;;  が、

    uwfvs親日、対抗戦とか見てみたいのは有る。
    49 :匿名 2018/01/08(月) 18:15:03
    やってほしい
    50 :匿名 2018/01/08(月) 18:15:04
    貴乃花を支持してやりたいが、
    どうも狂信的ななにかがあって、
    それが邪魔する。
    52 :匿名 2018/01/08(月) 18:15:37
    ネットでリアルタイムで懸賞金みたいの贈れるようにしろよ
    ワン10円からでもいい
    仮想通貨で勝敗予想のBETできるようにしたり
    59 :匿名 2018/01/08(月) 18:19:29
    宗教の匂いがする
    63 :匿名 2018/01/08(月) 18:20:28
    出てくなら出ていけばいい、いやむしろ出ていってほしい
    でも弟子は無理矢理連れて行くなよ、協会に残るかどうかは個人の自由だ

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    このページのトップヘ