料理初心者の俺がカルボナーラを作ったwww

    0コメント
    1 :匿名 2018/10/09(火) 01:28:28
    2 :匿名 2018/10/09(火) 01:28:56
    うまそう
    3 :匿名 2018/10/09(火) 01:29:04
    悪くない
    4 :匿名 2018/10/09(火) 01:29:06
    一瞬いいと思ったけどクリーム感がない
    8 :匿名 2018/10/09(火) 01:30:44
    >>4
    卵とチーズとゆで汁で滑らかなソースを作るのがカルボナーラの腕の見せ所だからな
    初心者だと生クリーム入れてびちゃびちゃにするよりはましかと…(´・ω・`)
    10 :匿名 2018/10/09(火) 01:31:37
    >>8
    卵固まっとるやんけ!
    クリーム入れて妥協した方がよかったやろ
    12 :匿名 2018/10/09(火) 01:32:28
    >>10
    これチーズかとおもったが白身なのか?
    なら失敗だな
    15 :匿名 2018/10/09(火) 01:33:15
    >>12
    そうです、はい…
    18 :匿名 2018/10/09(火) 01:35:05
    >>15
    なら完全に失敗だな…(´・ω・`)
    これをみる限りほぼパスタ炒めちゃった感じでしょ…(´・ω・`)
    イタリア人ぶちギレですよ…(´・ω・`)
    19 :匿名 2018/10/09(火) 01:36:19
    >>18
    イタリアが怖くてパスタ作れるかっての
    6 :匿名 2018/10/09(火) 01:29:53
    パサパサかよ
    火入れすぎたんだろ
    9 :匿名 2018/10/09(火) 01:31:37
    以外とうめえぞ!!
    11 :匿名 2018/10/09(火) 01:31:44
    ソースに火が入りすぎ
    完全に失敗じゃねえか
    14 :匿名 2018/10/09(火) 01:32:41
    全然いいじゃん
    腹減ってきた
    20 :匿名 2018/10/09(火) 01:36:55
    俺はスパゲティを箸で食う男やぞ
    21 :匿名 2018/10/09(火) 01:37:10
    なんでカルボナーラにクリーム…?
    卵黄のソースだぞ
    22 :匿名 2018/10/09(火) 01:38:18
    火を止めてから混ぜないから……
    23 :匿名 2018/10/09(火) 01:39:03
    パンチェッタを焼いたフライパンを火からはずしたりして
    70℃前後を保ってパスタとチーズと卵とゆで汁を入れてかき混ぜ、乳化させつつトロリと固まらせる
    これをしないと本当に美味いカルボナーラにはならん
    25 :匿名 2018/10/09(火) 01:42:00
    >>23
    ひぇー!詳しいなぁオメー!!
    27 :匿名 2018/10/09(火) 01:46:03
    >>23
    普通はボウルでやるよ
    茹で汁なんて入れないし乳化もさせない
    卵がそもそもエマルジョンだから
    30 :匿名 2018/10/09(火) 01:53:40
    >>27
    ボウルでやるかフライパンでやるかは好みだが(個人的にはボウルだと熱の調節がやりにくいのでフライパンが好き)
    卵一個とかだとあらかじめゆで汁で乳化させておいたほうがとろみがつきやすく、卵もボソボソになにりにくいとおもう
    ただゆで汁使う場合は塩加減が注意だな
    チーズの塩分もちゃんと計算しないとしおっ辛くなりやすい
    28 :匿名 2018/10/09(火) 01:49:35
    ベーコンと一緒に軽く炒めたら、後は火を止めてからボウルで卵黄と粉チーズ混ぜるだけでいいんだよ
    昔VIPで風の料理人に習った
    33 :匿名 2018/10/09(火) 01:57:28
    茹で汁は入れないけど俺もフライパン派だわ
    湯煎使うならボウルでもいいけど
    26 :匿名 2018/10/09(火) 01:43:55
    カルボナーラでかたまった玉子のボソボソ食感の悪さは異常

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    このページのトップヘ